読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリューゲルホルンの価格♪ソレイユ

大きいサイズが、好みならばこのまま使用しても良いかと。【その他】すこし厳しい評価ですが、この値段なら本来文句を言ってはいけないのかもしれない。三番抜き差し管も、幅広いデザイン。

3月31日 おすすめ!

2017年03月31日 ランキング上位商品↑

フリューゲルホルン ソレイユSoleil フリューゲルホルン SFG-1【ソレイユ SFG1 管楽器】

詳しくはこちら b y 楽 天

一つ、不満が有るとすればTpと一緒に持ち歩く可能性が高いので、もっとコンパクトかTpとのダブルケース付属ならばと。同様の中国製のケルンナーの製品と同じでしょうか?【メンテナンス性】通常の楽器と変わらず。シャンクも合います。【操作性】演奏する上での問題点は無し。ヴァルブ内の配管曲線が、短い為リードパイプ取り付け位置の関係上、若干Tpに近いポジションとなります。【音色・響き】音色や音程は!問題なし。15年ぶりぐらいに吹きたくなって買ってしまいました。コルネットとトランペットは吹いたことがあるので、どっちみちだったら、まだ演奏したことのないものを吹いてみたいと思って、購入しました。。実際に入れ替えても 使えるのかも知れませんが!それが気持ち悪い人にはお勧めできません。色んな意味で後々が楽しみな楽器でもあります。付属のMPよりも響きに深みが増します。難を言えば、個体差かも知れませんがピッチが高いことでリードパイプをかなり抜くことになります。。(その後、分解して開きを大きく調整しました)せっかくゲッツェンみたいなデザインなのだから、アマドタイプにしたら?パーツ代も安く上がるし、工程も減少しますのに。ピストンヴァルブを押さえない「0」の運指の際の音抜けが良くなっています。2週間程ガッツリ吹いて試しました。7.画像 プロテックのダブルケースにいれた状態 トランペットはBACHとても価格からは信じられないもので良い買い物をしました。。【デザイン】普通、ラッカーはむらがあります。付属のマウスピースが合わなかったので!普段使っているVincent Bachのモノを使っています。。上バネタイプのデザインは、ドイツの老舗メーカーの楽器と良く間違えられます。写真ではそれ程つくりの差を感じないかも知れませんが、近くでみればそれは違います。又、主管のウォーターキーの開き加減が微妙。Tpのサブ楽器として!使用頻度も高くはないですしね。吹奏感は・・・唇がほぼ初心者に戻ってるので高音はまだまだですが、初めての人でも吹きやすいのではないかと思います。(大学時代の時のようにマウスピースだけ、自分にあった、もっと高価なものを買おうかとも考えていましたが、今のところ必用はないです)もうちょっと慣れて、口が元に戻ったら、次はトランペットも欲しいかも…。ボアも高級品同様のSボア(10.5mm)です。個人的には!Tpに合わせて小さめなBach 10CFLを別途購入しました。。通勤で楽器を満員電車に持ち込む際に万が一!押されてても惜しくないフリューゲルということで購入しました。28万円の楽器ですよ?w)音が少し固いのと!少し音の切り替わりが鈍い時がある。画像は参考までにヤマハのトランペットと並べてみた絵です。価格からは想像できないくらい良い楽器です。丁寧な梱包でした。【操作性】2番ピストンがひっかかります。完璧(?)かもしれません。こういうカスタマイズもこの価格ならではです。【その他】付属のマウスピースは、Bachの3CFLのコピーの様です。【音色・響き】付属のマウスピースではなく市販のマウスピースを使うと良いでしょう。やはり値段相応の部分が多くありますが!総じてこの値段ならよく頑張っていると思います。。楽器全体が鳴っていて気持ちよさ全開です。また!バルブのボトムキャップにOリングを噛ませて共振をコントロールしています。(一応!アメリカンシャンクのようです)さらにソフトな音色にするためにラッカーをすべて剥がし現在!酸化皮膜を醸成中です。詳細写真に表示されているラウンド巻きの米国ルブランタイプでなかったのは残念。1. ピストン 良好 少し重い感じ2.水抜き 良好 コルクの開き具合は良いです。まだ吹き抜いてない状態ですが!楽器自体は価格から考えても!十分満足のいくものでした。 ただこちらを初心者向けとするには少し疑問が残る。。 まぁ値段を考えれば良いと思います。しばらく様子をみたいと思います。ハッキリ言って、当方は素人なので全て誤差&吹き方次第の微々たる物です。4.メッキ 良好 5.音 フリューゲルホルンの音がします。価格から言えば!充分使える楽器だと思います。【メンテナンス性】届いたその日からボトムキャップが開きません。YAM●HAと比べると(比べるのは。ピストンボタンは!メタルトップで貝飾りはなし。 ピストンに何番用という番号表記がありません。水抜きするには支障は有りませんが、少ししか開きません。中学高校とブラスバンド部に居て、大学はジャズ研でトランペット吹いてましたが、楽器を手放し、15年ほど吹奏楽器とは無縁な生活を送っていました。後は楽器が馴染んでくれば。まず、鳴りは弱音では少しピッチが不安定になる時があるが(特に1番バルブ絡み)コントロールできる範囲。正直、あまり期待していなかったのですが実際にビッグバンドのアンサンブルに使ってみてビックリ、普通に使えるどころか、この価格の楽器に有りがちなバルブオイルの乳化により演奏途中でバルブの動きが怪しくなることもなく現在は本番にも持ち込んでいます。【作りの良さ】さすが中国製ですから、半田付け等の細かい部分は雑です。【デザイン】往年のゲッツェンの様な、スクエア巻き(フレディ・ハーバート愛用)。マウスピースを選べば、普通に使える楽器です。以前、楽器屋さんでYAM●HAのゲルホンを試奏させてもらったので、それを頭と体に呼び起こしながらの2週間でした。3.トリガー 良好 とてもスムーズです。価格を考慮すれば信じられないコストパフォーマンスです。 BACHのマウスピースですが柔らかな音がします。6.サイズ キャロルブラスのフリューゲルホルンと同じ プロテックのダブルケースにジャストサイズ M社やS楽器100シリーズのような小ぶりではありません。ちゃんと!フリューゲルホルンの響きがします。キズもなくピストンも重くないし、気に入りました。【作りの良さ】ツバ抜きが完全に開かないので演奏中に急いで抜く時は少し苦労しそう。リードパイプからベル主管に至る、ヴァルブケーシング内の配管が、コルトワなどに見られる「ダイレクト・エア・システム」同様のデザイン。普通に吹ける人がサブ楽器として 使う分には問題がないが、上の少し課題を書いた部分はどちらかというと初心者は分からず とまどってしまうのではないかと思います。