チェッカーがクーポン知らずの格安価格です

ヨークシャーテリアのストラバイト結石対策の一環で!尿PH測定のために購入しました。長く浸けると色が流れ出るのでサッと浸す程度にするとよいです。コストパフォーマンスがいいので、気軽に1日に何度も測定しています。

これっ!

2017年10月18日 ランキング上位商品↑

チェッカーロールPHチェッカー 4.5m 【メール便可能】【92】

詳しくはこちら b y 楽 天

知らずにそのまま与え続けていたら、また膀胱炎にさせてしまっていたかも・・・・。ただし!猫の放尿は回数も少なく!いつするかわからないので採取は運まかせです。色見本と比べて一番近い色で計測。6.4〜7.0 いまいち微妙な時もあるけど黄色や濃いグリーンが続かなきゃいいかぁ・・と!手作り食の目安にしています。なので!最近は!朝一番の尿pHだけ測定しています。病気でない猫も2匹いるので予防にも使用できそうです。犬のオシッコを毎日チェックしています価格も安くメール便対応でよかったです通院中の愛犬のために自宅でも!だいたいわかるように購入。ただ!何回かやっているうちにPHがどちらに傾いてきているかはわかり薬や療養食が効いている実感がもてます。トイレに行きそうな気配を感じたら!急いでこのチェッカと大きなスプーンを抱えて出動しなくてはならないので!家族全員の情報共有の徹底が必要。酸性よりかアルカリ性よりかを見たいときは小さめで(笑)尿石症になった猫の薬の効き具合を知りたく購入。毎回なので!1個を45日位で使ってしまうので!単価が高いですが少しでもお得にする為5個購入の1個プレゼントはうれしいです。をこれでチェックしています。病院におしっこ検査に行くタイミングでチェックした時も!病院で言われたphと変わりなかったので信頼できそうです。少しづつ千切って使用すれば結構長期に使用できそうです。我が家では、ストロー(たまたま使わないものがたくさんあったため)の先にテープで貼りつけて しゃがんでおしっこし始めた時にお尻の下あたりに置いてチェックしています。ちぎっておしっこにつけるだけ。同じ尿を、病院でのpHと比べましたが、ほぼ正確です。こんなに小さいものがこんな高いの???って感じでした。結晶を溶かす療法食は腎臓に負担がかかるため、1週間おきに血液検査、おしっこ検査を繰返し、ようやく結晶がなくなりました。おしっこも結晶と細菌が出たため投薬とフードの変更を余儀なくされました。膀胱炎を未然に防げれば!愛犬も辛い思いをしなくて済みますしね♪(*^^*)1度ストラバイト結石になったので自分で確認できるこの商品は欠かせないです。猫のPHが気になっていました。こちらのショップでの購入ははじめてですが価格も安く発送もスムーズでおまけのおやつまでつけていただきありがとうございます。ロールタイプなので小さく切って使えるのでコスパがすごくいいですね。また、直ぐ手に取れる場所に置いておく必要もあります。色合いが微妙で少し解りづらいので(ステックタイプの数値との誤差が0.5もあった)PH数値の正確さは求められませんが家で手軽に検査できるので便利です。かなぶり多々ですが。薬が効いてるかの目安にしたいのでこの紙は便利です。もう少し値段安くなればな〜保護して我が家の一員になった愛猫の健康診断で腎臓の数値に問題が判明しました。なくなったらまたリピします。以前 膀胱炎 ストルバイトになってから 再発防止のためにずっと使用しています もう少し安ければ有難いですよね…ストルバイト結晶による膀胱炎になった愛犬の尿pHを測るのに使用しています。おしっこにつけてからの計測までの時間などいまのやりかたであってるのかちょっと不安ですが、自宅で調べることができるのは助かります。。おしっこに浸した後に変化した色のPH照合は微妙で正確なPH値判断はできずらいです。届いたものがとても小さくびっくり。ロール状なので、使いやすい。ケチって小さく使うつもりでしたが、小さいと色の変化が判別しにくいラインがあるので数値重視のときはケチらず長めにしてます。そのおかげでうちの子の尿pHは!朝が低く!夕方が高い傾向があることが分かりました。説明書などは一切入ってません。また、いつも与えていないオヤツを与える前後の尿pHを測定するうちに、うちの子の体質には合わない(与えると極端に尿pHが高くなってしまう)食品も分かってきました。弱酸性のエリア(6〜6.4)が見やすく手軽に健康管理ができます。尿pHの管理に必要なpH5.5〜8.0の範囲が小刻みに表示されているので!すごく使いやすいです。ストルバイトのワンコの日々の尿チェックのためにこの商品は必需品です。フードも腎臓の負担のより少ない療法食に移行できるようになったので!おしっこの結晶が出来やすい状態になっていないか家でチェックできるこちらを購入しました。他店でもスティックタイプを買ってみたので、そちらとの違い・病院での検査との違いもどれだけあるかはこれからです。ストルバイト結晶ができてしまった猫のおしっこチェックのために購入。できたら!もう少し安いと嬉しいです尿石症の予防で朝のお散歩時に使っています。値段が、病院で1回尿検査を受けた時の再診料と尿検査代を合わせた額と同じくらいなので、愛犬の傾向が掴めて、健康な状態に飼い主が自分でコントロールできて、受診回数を減らせる分、お得だし、堅実だと思います。少しお値段がお高めですが、使いやすくph値も色で見分けることができるのでとても役に立ちます。15歳の老犬ダックスがヘルニアで下半身麻痺のためいつも圧迫排尿してるのですが!その後いつも尿検で細菌が見つかりPH数値も9と異常値になったりします。ただ、phの数値が隣り合った見本で考えると劇的に色が違う訳ではないため判断が難しかったりするので、補助的なものとして使っていきたいです。